中島 悠揮

人々の仕事に対する意識が変われば日本は変わる。
Rootsに関わる全ての人が最高の仕事に出会えることを目指して。

株式会社Rootsは2014年4月からスタートをしたベンチャー企業です。
人、企業にとって最良な雇用/就職支援ができるようにRootsを立ち上げました。
人、企業の「根幹」を創造できるような存在を目指し、Rootsに関わる全ての「人」が希望をもって仕事に励めるような社会を創造します。

就職関連の仕事に従事する中で、今の採用活動、就職活動のあり方に疑問を感じることが多々ありました。
社会に出て仕事をしている人の中で天職だと思って仕事ができている人は何割いるでしょうか。おそらく1割もいないでしょう。

こういった現状は現在の採用マーケットにおける仕組みに問題があると私は考えています。
例えば新卒採用。企業はエントリー確保に注力をし、学生は有名企業からの内定獲得をすることに励んでいます。

本質的に重要なことは5年、10年、20年と入社してよかったと心から思えるくらいの仕事に出会えることが重要であるにも関わらずです。
学生からすると就活のタイミングで目の前には1万社の求人。社会を経験したことがない学生に自由に選べといっても結局ミスマッチになることは必然的です。

ある程度の社会人経験をもった人が間に入り、就活のサポートをする人材紹介のような機関は新卒採用マーケットにおいてまだまだ必要となってくるでしょう。
キャリア採用に関しては人材紹介が主流ではありますが、第三者機関が利益追求するが故に求職者が商品化されていることが散見されます。

私たちも会社である以上、一定の収益基盤は必要ですが、それよりも重要視することは、仕事をする全ての人が最高の仕事に出会えることであると考えています。

私たちはRootsに関わる全ての人が「明日の仕事が楽しみだ」と思えるような社会を本気で創造していきたいと考えています